よくあるご質問

コンクリートの打ちっ放し風の壁の補修はお願いできますか?

はい、可能です。
コンクリートの打放し風の壁が流行ってからもう20年~30年ほど経ちます。
染み・汚れやクラック、割れなども目立ち、そろそろ補修や塗り替えをしなければならない外壁も多くなってきました。 当社では、状況により補修方法を変え、見違えるように新しく生まれ変わらすことができますので、お気軽にご相談ください。


戸建ての外壁の塗り替えもお願いできますでしょうか?

はい、可能です。
最近増えているのが、塗装屋さんやペンキ屋さんへ頼む外壁の塗り替えをジョリパットなどを使って、もう少し質感があり、おしゃれにしたいご要望です。
足場の手配から塗り替えまで一貫してお受けできます。


ブロック塀をジョリパットで塗り替えたいと考えているのですが、サンプルをお願いすることは可能でしょうか?

はい、可能です。
30cmくらいのボードにてご提出させて頂いております。メーカーへ依頼するため、1週間程度お時間を頂くようになるかと思います。
ジョリパットのカラーとパターン、どの組み合わせでも対応できますので、お気軽にご相談ください。


塗装とは違うのですか?

はい、違います。
塗装はペンキでや塗料で塗り替えをするので厚みがそれほどでません。しかし、ジョリパットや珪藻土、漆喰、コンクリートうちっぱなし風は厚みが出ます。
下地がきれいであればそれほど厚みがでませんが、下地が悪い場合には、モルタル等で一度下地処理をして、その上から上塗りします。
塗装の厚みはほぼ0mmですが、ジョリパットなどでは、5mm~20mmくらい厚みがでると思ってください。


費用はどれくらいかかりますか?

よく聞かれる項目なのですが、正直状況によってさまざまなので、一概には申し上げることができません。
基本的に、工事費用は、施工面積に比例していきます。面積が広ければ広いほど、総額は高くなりますが、単価は安くなります。
また、工法や仕上がり方法によって、施工日数も変わってきますので、施工日数が長くなると、どうしても人件費がかかりますので、必然的に費用も上がってきます。
したがって、一度現場調査をご依頼して、お見積りをご提出させていただくことをおすすめします。
現場調査は無料になりますので、お気軽にご相談ください。
また、メールで現場の写真と面積(高さ×長さ×厚さ)とどんな雰囲気にしたいかをお送りいただいても簡単にお見積りを出すことができます。
もし、お急ぎであれば、メールでお問い合せください。


ブロック塀の補修だけも頼むことは可能でしょうか?

はい、もちろん可能です。
通常、ジョリパットなどで上塗りする場合にも、ブロックがかけていたりした場合には、一度モルタルで整形、補修しております。
補修だけだと少し割高になるかもしれませんが、補修・修理工事だけも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。


ブロック塀の塗装とジョリパットでは、どちらの価格が安いですか?

塗装の方が安くあがります。
ジョリパッドと塗装では、やはり塗装の方が安いです。塗装は既存の壁に、ペンキで塗るだけですが、
ジョリパッドの場合、下地を一度高圧洗浄をかけ、接着材を塗り、そして下塗りをします。
その際に、補修しなければならない箇所は、ブロック塀の補修をしていきます。 その後に、ジョリパットで仕上げいくので、施工日数も塗装の3倍~4倍かかるため、どうしても人件費がかかってきます。

ただ、塗装にはない質感と雰囲気に仕上がりますので、外壁にこだわるのであれば、ジョリパットの方がよろしいかと思います。


施工期間はどれくらいかかりますか?

面積や下地の状況、天気よって変わってきます。
下地がきれいで面積がそれほどなければ、上塗り1日で完成します。しかし、下地が悪い場合には、一度下地処理や接着剤を塗ります。そのため施工日と乾燥日が必要となります。
天気によって乾燥日数は変わってきますが、雨が降ったり、冬だったりすると乾燥日が長くなります。
また、面積が広かったり、化粧パターンが複雑だとさらに施工期間は長くなります。平均すると4日~7日程度が一番多い例です。


施工期間はどれくらいかかりますか?

面積や状況によって異なります。
1日で完了する場合もございますが、下地で1日、乾燥日で1日、仕上げで2日など様々です。 また、天候によっても左右されますので、工事に入る前に工程をお伝えしますので、それを目安にしていただければと思います。


イメージ写真などを見せていただくことは可能でしょうか?

はい、可能です。
写真と仕上げの状況を合成して、ご提出しております。
また、メーカーに仕上げのサンプルボードを取り寄せたり、カタログをお貸しすることも可能です。
お気軽にご相談ください。


費用はどれくらいかかりますでしょうか?

現況や仕上げ方法、そして面積によって異なります。
予算を左右するのが面積です。面積が広ければ広いほど単価は下がりますが、㎡数が広がり、総予算は上がっていきます。
また、現況のブロック塀の状況によっては補修費がかかったり、工法によっては複数日数がかかるため、その分人件費が上乗せになる場合がございます。
できるだけご予算に応じてご対応したいと思っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。


通常より凹凸が深いブロックでも大丈夫でしょうか?

はい、大丈夫です。
最近よく使われる凹凸が多い化粧ブロックの場合、一度下地でしっかりモルタルで均します。
きちんとモルタルを乾かし(数日間隔を空けて)てからジョリパットや珪藻土などで仕上げます。
その分、壁の厚みが増しますが、特に問題なくきれいに仕上がります。


対応エリアはありますか?

ございません。本社は、東京都東久留米市にありますので、 東京都23区をはじめ、西東京市、清瀬市、練馬区、板橋区、武蔵野市、八王子市、 東村山市、小金井市や多摩エリアなどの東京西部、埼玉県、神奈川県、千葉県を中心に関東近郊まで対応することは可能です。
埼玉県のお客様でも、所沢市、狭山市、新座市、和光市、朝霞市などのお客様から多数ご依頼を頂いております。


神奈川県の横浜市でも対応可能でしょうか?

問題ございません。神奈川県全域対応可能です。 特に横浜市や川崎市などはよく工事を行っておりますので、お気軽にご相談ください。


お見積りは無料ですか?

はい、御見積りは無料です。東京都や埼玉県をはじめ都内近郊であれば、無料で現場調査も致します。


店舗をお願いすることは可能ですか?

はい、可能です。今まで店舗や商業施設の実績も多数ございます。
ジョリパットや珪藻土などをはじめとする左官工事や軽天、GL工事など内装工事一式でもご対応することができます。


外壁を左官で塗り替えがしたいのですが可能でしょうか?

はい大丈夫です。ジョリパット等を使って、外壁をはじめ、ブロック塀やコンクリート壁などを上塗りしていきます。


コンクリート化粧打放しもお願いできますか?

はい、可能です。コンクリート化粧打放しも左官工事のひとつになります。
当社はコンクリート打放しでも多数実績がありますので、お気軽にご相談下さい。


RCの打ち放しの補修は対応できますか?

はい、可能です。RC打放しが普及し20年~30年経ちます。
染みが目立ってきたり、ヒビが入ったり、悩まれる方も多くなりました。
当社では、コンクリート(RC)の補修のノウハウもありますので、お気軽にご相談ください。


モルタルの補修程度でもお願いできますか?

はい、ご対応致します。ちょっとしたヘコミや隙間などモルタルの補修が必要な時はご連絡頂ければご対応します。
また、GLなどもボードとボードの隙間や躯体との隙間などGL工法で埋めたい場合などもご対応できますので、お気軽にご相談下さい。


軽天やLGSも自社の職人で行うのですか?

はい、自社の職人よって行います。
もともと左官工事出身でしたが、GL工法が出た時に左官屋さんが施工を行っておりました。 その後、次第にLGS・ボードが主流となり、弊社もGLだけでなく、軽天・ボード工事も行うようになりました。 したがって、ブロック工事から左官工事、LGS下地、ボード工事、GL工事までの一連の下地工事は、雅創業自社内で行うことができます。


お問い合わせはこちら

ブロック塀の塗り替え、補修

外壁の修繕・リフォームなら外壁外兵衛「現地調査行います」

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

こちらの地域にお住まいの方是非ご相談ください。

東京都(23区)
千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、 豊島区、北区、板橋区、練馬区台東区、墨田区、江東区、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区
東京都(多摩エリア)
昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、 八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市
埼玉県
所沢市、新座市、志木市、和光市、狭山市、さいたま市

※ご要望があれば関東近郊の千葉県、神奈川県、栃木県、群馬県、茨城県などもご対応しますのでお気軽にご相談下さい。

漆喰・珪藻土を使った内壁のリフォーム|漆喰名人「鏝之助」
昭和四一年創業「左官・雅創業」